製品一覧


クロスメディアでは省エネカバー「ファインジャケット」をはじめ、惑星探査衛星はやぶさでも使用された「サーマルブランケット」を製作しております。また、ユーザー様のご要望により様々な機器に対しての製品を開発及び製作してまいりました。

当社で加工し、設計及び施工まで承ります。ご要望があれば日本全国、出張いたしますので、お気軽にご連絡ください。

ファインジャケット (FINE JACKET)


様々な機器に対応できる着脱容易な保温カバー




昨今、様々な環境問題により、各企業がCO2 の削減や電力消費など省エネに取り組むことが義務づけられてきています。
また、作業環境についても作業員のことも考え熱中症や騒音問題など対策を要求されることが多いと思います。

「ファインジャケット」はあらゆる機器にフィットさせ、断熱(省エネ)、遮熱(熱中症対策、火傷防止)、遮音(騒音対策)、保温(凍結防止、結露防止)、安全対策(衝突防止)など様々な使用目的に応じ製作できます。

表面材にガラスシリコンクロスを使用しコスト面を抑え投資の費用回収期間を短くできます。
温度域に応じ、素材を厳選いたします。-20℃~900℃の範囲であれば製作できます。




特徴



1.着脱が容易な設計
工場で製作したジャケットを現場で簡単に短時間で取付が出来るため、工期短縮にもつながります。
又、マジックファスナーで容易に取付、取り外しが可能でメンテナンス時など大変効果があり、繰り返し使えますのでゴミの軽減にもなります。

2.省エネ効果が抜群
ファインジャケットを取り付けることによって、熱エネルギーの放散を防ぎ燃料費の大幅な節約ができ、省エネに抜群の効果を発揮します。

3.快適な作業環境
高熱を発するバルブや装置などによる火傷、又、柔らかい素材のため衝突防止としての役割もはたします。 防音効果もあり、騒音対策や放散する熱量を防ぐことにより、室内温度を低下させ、快適な労働環境を作ります。

4.あらゆる装置、機器に取付が可能
バルブ、配管をはじめ、熱交換器、タンク、成型機、金型、タービンなどにフィットするように設計し製作いたします。

5.広範囲の温度設計
-20℃から900℃の範囲であれば対応可能。対象物の温度によって、表面材、裏面材、断熱材、糸、製品の止め方を適した素材から設計いたします。

6.規格品
グローブ弁、ゲート弁、Yストレーナー、減圧弁、チャッキ弁、フランジ、閉止フランジなど各種メーカーに対応できます。


製品一覧(こちらは一例です)




グローブ弁(40Aまで)

 
グローブ弁(50A~100A)

 

グローブ弁(125A以上)

 
Yストレーナー

 

Yストレーナー(キリネジ)

 
フランジ

 

閉止フランジ

 
減圧弁

 

キリネジ用

 
チャッキ弁(125A以上)

 

二方弁

 
直管

 

T字管

 
L字管

 

スーパーファインジャケット (SUPER FINE JACKET)


ワンランク上のファインジャケット




ファインジャケットの 表面材、裏面材の仕様をPTFEガラスクロスに変えたものです。特徴はファインジャケットの長所を引き継ぎ、通常仕様のガラスシリコンクロスの物性を上回り、耐薬品性、耐油性、耐水性、耐候性にすぐれております。

PTFE の特徴から表面が滑りやすく、グリップがないので、ほこりが付着しにくいため、食品プラントでの使用が多くなってきています。又、糸もPTFE100%の素材を使用しておりますので、物性及び耐摩耗性に優れています。

温度範囲は250℃未満です。(内面材をPTFE ガラスクロス以外の耐熱品にすれば温度範囲は900℃まで可能です。)

【実績】
食品工場・飲料工場・医薬品工場・半導体工場など多くの工場で導入いただいております。
また、クリーンルームなど、発塵に厳しい環境では繊維系を使わないPTFE フィルムを表面材とし断熱材にメラミンフォームを使用した製品もご用意できます。(温度範囲 150℃未満)

ロボットプロテクター (ROBOT PROTECTORS)


産業用ロボットを悪条件から守る「ロボットプロテクター」




産業用ロボットは、苛酷な条件の下で稼働しています。危険な場所など、あらゆる悪い条件の下で人間に代わって働いています。
ロボットプロテクターをロボットに装着することで、故障の原因をなくし、ロボットの寿命が長くなり、メンテナンス性が向上します。ご注文の際には、ロボットを当社担当が採寸し、目的用途に合わせ た素材、形状で製作し、設計施工を致します。


特 徴


1.装着したままで作動します。
2.メンテナンス時の取付、取り外しが容易です。
3.ロボットの作業環境に応じた素材を使い、ロボットの動きに合わせた形状で製作いたします。
4.目的に合った素材をロボットの形状にフィットするように縫製され、ロボットの動きに負担がかかりません。



サーマルブランケット (THERMAL BLANKET)


人工衛星を厳しい宇宙環境から守る金色毛布「サーマルブランケット」




サーマルブランケットをMLI と言います。MLI とは、マルチレイヤーインシュレーションの略で日本語に直すと多層断熱材です。
これは、特殊なフィルムを重ねて作ったものを指します。

このフィルムはポリイミドやポリエステルにアルミ蒸着した物で、7 枚~ 12 枚積層(重ねる)して作るものを衛星に取り付けることにより断熱することができます。

太陽が当る所と影の所では温度差が激しく電子機器の不具合を起こしやすい為、この多層構成したMLI で覆い断熱し、電子機器を守っています。

ゴミ、くずなどがMLI に付着しているとそこから発火など何か悪さをする場合が有りますので、クリーンルームの中で作業をします。

  


MLI は衛星の洋服なので、MLI が無いと機器の誤作動や機器の損傷を引き起こします。これを着ることによって機器が正常に動く範囲の温度に調整してくれます。

「はやぶさ」の特集などで当社もTV などで紹介されました。




■お問い合わせ先

(会社名) 株式会社クロスメディア

(所在地) 〒252-0134 神奈川県相模原市緑区下九沢1743-1
(電話番号)042-761-4181 (FAX番号) 042-761-4849

(受付時間)9:00~18:00(土・日・祝日ならびに年末年始は除く)



お気軽にお問い合わせください